7月が旬

七月生まれの豆柴 > 生活 > 7月が旬

7月が旬

春から夏に変わると気温が変わり周りの景色にも変化が現れてきます。 夏ならでは見れるもの、食べれるものなど夏の風物詩を紹介いたします。 1.花 7月を代表する花 ・アサガオ  日本の夏の風物詩の一つ。  日当たりのよい場所で、毎日水やりすれば育てればどんどん伸びていきます。  色は白、紫、ピンク、ブルー、紺、グレー、茶などがあります。 ・ヒマワリ(向日葵)  空にある太陽のように咲く花。。  放射能汚染を除去する作用があることが判明して脚光を浴びている。  色は黄色が主流ですが、赤、白、オレンジと黄色のグラデーションの物など  種類があります。 ・ホオズキ(鬼灯)  ナス科の多年草です。  花よりも赤い実の方が人気があます。  6月から7月にかけて咲きます。 2.食 ・スイカ  夏になると必ず食べると答える方が多い「スイカ」  夏の味ともいえるスイカは水分補給ができ、ビタミンやカリウムなど栄養も  バランスがとれているので夏バテ予防に最高です。 ・ソーメン  ツルっといけるのど越しとさっぱりとした口当たりのそうめんは  暑い日でも食べやすい料理です。   ・かき氷  いちご、金時、レモン、ミルクなど自分好みの味にして、  シャリシャリっとした食感を味わえる「かき氷」。  暑くなった体とすぐに冷やしてくれます。 3.イベント ・花火  「バーンバーン」と空に放たれる光がとても綺麗な「花火」  誰もがこれを見ると夏を感じる事ができます。  夏のお祭りには欠かせない花火はその迫力と綺麗な光景が  感動を与えてくれます。 ・バーベキュー  室内と違って外で豪快にお肉や野菜を焼くことができるバーベキュー。  川や海の近くでやれば、食べたり遊んだりと楽しい時間を送ることができます。 chocolatショコラアン

関連記事

  1. ワールドカップ
  2. 7月が旬